DX serice


XR技術でビジネス活用しませんか?

※XRは、VR(Virtual Reality:仮想現実)、AR(Augmented Reality:拡張現実)、MR(Mixed Reality:複合現実)など、
現実と仮想情報を融合させ、その結果を人の感覚にフィードバックさせる技術を総称したものである。
コロナ感染拡大で人の移動が制限されるなか、XRはコミュニケーションとして大きく注目を集めています。
バーチャル会議やバーチャル店舗、遠隔からの作業支援など、その活用の幅を広げている。ビジネス利用例としては、以下が挙げられます。

・ぺーバレスでの棚卸作業作業
・コロナ過における、会社案内支援
・特殊な状況への対処方法を習得を行えるトレーニング
・現場の作業員が必要なときに、専門家によるリモートからの遠隔支援
・作業員はより迅速かつ正確にタスクを行える作業支援やタスク管理
・商品の構成やカスタマイズを視覚的に顧客にするセールスアシスト
・リアルタイムデータを必要なときに必要な場所で利用

VR SERVICE

◆VRで動画作成サービス
VR動画作成を行い会社案内を行いませんか?
VRで作成した会社の風景をVRゴーグルを利用することによって、
閲覧した人は実際に会社に訪問したような 臨場感があふれる体験ができます。
新しい会社案内として活用してみては如何でしょうか?


HoloLens2の機能まとめ

◆ホログラフィック映像の共有
HoloLensには、他のHoloLensを装着したユーザーとホログラフィックの映像を共有することができます。
この利点を生かし、ビジネスシーンを中心にホロレンズは活用されています。


◆音声や視線、ジェスチャーによる操作が可能
一般的なパソコンであれば、マウスとキーボードを使って操作しますが、
HoloLensでは音声や視線、ジェスチャーを使って操作することができます。
例えば、手のひらを上にして握り、その後手をパッと開く動作をするとスタートメニューを開くことができます。


◆様々なアプリケーションに対応
マイクロソフト社のOS、Windows10が搭載されているため、
YoutubeやSkypeといったインターネットサービスやいくつものアプリケーションを操作することができます。

◆様々なアプリケーションに対応
HoloLens2は高性能のセンサーにより、両手の指すべての追跡(トラッキング)ができるようになっています。
現状、MRグラスのほとんどはコントローラと併用での操作が基本の為、両手を操作できるというのは非常に強みです。

HoloLens2を利用したService


  
上記のような業務について、弊社サービスを提案します。
また、HoloLens2の開発業務についても、ご相談を承ります。
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、様々な規制がかかっている今
場所” の制約を超えて、リモート社会を切り開くお手伝いをさせて下さい。


Seabridgeが考える​システムソリューション
資料ダウンロード
 
>